相模原市の救急告示病院 [黒河内病院]

042-742-0211

24時間救急受入

文字サイズ

人工関節センター

ホーム > 診療科・部門 > 整形外科 > 人工関節センター > 当センター対象の手術及び特徴

当院の人工関節手術の特徴

綿密な術前計画、簡易ナビゲ―ションによる手術

CT画像を基に、個々の患者様に最も適した手術の計画を行い、ナビゲーションガイド下に人工関節を設置します。

厳重な感染予防対策

人工関節手術の重大な合併症の1つである術後感染症の予防を徹底的に行います。(フライトヘルメットやパルス式洗浄機の使用)

術後の感染予防

MIS(最小侵襲人工関節手術)

MIS

皮膚切開を小さくし、筋肉や軟部組織への傷害を最小限にすることで、術後の痛みや筋力の低下を軽減します。

当センター対象の手術

人工股関節全置換術(THA)

THA

変形性股関節症などにより変形した股関節を人工の関節に入れ換える手術です。
変形による脚長差も揃えることが可能です。

人工膝関節全置換術(TKA)

TKA

変形性膝関節症や関節リウマチなどによって傷んで変形した膝関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。
O脚などの変形も真っ直ぐな脚に矯正します。

人工膝関節置換術について

当センターの副センター長を務めさせてもらっている岩瀬大と申します。膝関節を担当させてもらっております。 一人でも多くの患者様により良い治療が出来ればと考えておりますので、心配なことあればお気軽にご相談いただければ幸いです。

変形性膝関節症、関節リウマチ、膝骨壊死症などの患者様に対し保存療法を行っても痛みが軽減しない場合や、症状がかなり進行している場合には人工関節置換術を検討します。膝関節の内側および外側の両方が傷んでいるときは人工膝関節置換術 (TKA: Total Knee Arthroplasty)を、内側または外側のみの損傷の場合は単顆型人工膝関節置換術 (UKA: Unicompartmental Knee Arthroplasty)を検討します。

TKAについて

内側、外側の傷んだ膝関節表面を切除し、金属(チタン合金やコバルトクロム合金)およびポリエチレンの人工物で置換します。 術前にX線検査、CT検査を行い、1mm、1度単位でしっかりと術前のプランニングを行うことにより、O脚やX脚変形であった脚がまっすぐになります。

膝関節TKA

UKAについて

内側型の変形性膝関節症や膝骨壊死症の患者様が対象となることが多いです。 TKAと違い、片側のみの置換をすることにより、手術後の腫脹や疼痛も少なくすみます。

膝関節UKA

術後のリハビリについて

当院の膝関節に対する術後のリハビリプランは基本的に北里大学病院整形外科で行っているプランと同じ方法で行っております。 以下に簡単なリハビリプラン、および入院期間を記載しますので参考にしてください。

TKA

  • 術後2日目より全荷重での歩行訓練を開始します。
  • 2~3週間程度の入院(それ以上、必要であれば回復期リハビリテーション病院への転院を斡旋しております)

UKA

  • 術後2日目より全荷重での歩行訓練を開始します。
  • 2週間程度の入院(TKAよりやや早く退院することが可能です)

ページTOP
ページTOPへ