相模原市の救急告示病院 [黒河内病院]

042-742-0211

24時間救急受入

文字サイズ

当院のご案内

ホーム > 当院のご案内

理事長挨拶

理事長

当仁恵会は、昭和39年8月に「黒河内外科医院」の名称で、外科・整形外科を中心とした有床診療所を開院したことに始まります。 開院時より救急告示医療機関の指定を受け、地域医療の為に力を注いで参りました。

昭和63年7月に病院を設立、平成10年4月に介護老人保健施設、平成11年4月に訪問看護ステーション、平成12年3月に居宅介護支援センターを立ち上げ、現在では医療、福祉、保健の3本柱を掲げ、地域に根ざしたサービスができることを目指しております。

また、開院時より患者様への対応として、Smile(笑顔)、Speed(迅速)、Sensibility(豊かな感性)という「3S」運動を心がけております。 特に3番目の「豊かな感性」をもって患者さまに接することが何より大切なことだと考えております。

昔は、医療は医者を中心に患者さまの診察をしておりましたが、今は患者さまを中心としたチーム医療が行われています。 当院も医師、看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、栄養士、事務職員とあらゆる分野の職員が力を合わせて、「病気を診るのではなく、病人を診る」ということをモットーに患者さまの診療に当たっています。

理事長 黒河内 三郎

院長挨拶

院長

院長の黒田賢二です。
黒河内病院は今まで救急医療を中心に外科、整形外科を主体として診療を続けて参りました。 平成18年より内科を加えて医療の充実をはかり、最先端医療機器、マンモグラフィー、CT、MRI、超音波機器、骨密度測定装置、内視鏡器具を充実させ、地域の皆さまに愛され頼られる病院となれるよう職員一同努力しております。

相模原市の救急医療体制は当番病院を決めて、当番時は各病院が救急患者受入体制を整える事になっていますが、当院では当番日でなくても整形外科医の当直時には外科当番と同様の体制をとっております。

整形外科においては手術件数が年間500件を突破しており、骨折の手術に限らず人工関節手術等の症例が増加しております。 術後の機能回復のためにリハビリテーションの充実をはかり、リハビリ室を拡張し、理学療法士の数は10人体制で行っています。 リハビリにおいては整形外科疾患に限らず、内科的疾患、脳血管障害および高齢者の廃用症候群に対するリハ等の適応もあり、さらに充実させて行きたいと考えております。

院長 黒田 賢二

事務局長挨拶

事務局長

平成29年4月より法人事務局長を拝命しました。 平成10年4月より併設する介護老人保健施設相模大野の事務長を20年務め、地域福祉に貢献すべく邁進してまいりました。

今後も「医療・福祉・保健」を通して地域の皆様に貢献する医療法人であるべく精励恪勤の心で日々精進してまいります。

事務局長 後藤 一郎

病院理念

病院理念

※EBM・・Evidence-Based Medicine(根拠に基づいた医療)

病院概要

名称 医療法人社団仁恵会 黒河内病院(救急告示病院)
理事長 黒河内三郎
病院長 黒田賢二
入院設備 病床数51床 / 特別室(1)・個室(8)・2人室(4)・3人室(4)・4人室(1)・6人室(3)
診療科目 整形外科・内科・消化器内科・循環器内科・漢方内科・外科・消化器外科・脳神経外科・皮膚科・麻酔科・リハビリテーション科・放射線科
その他 健康診断・各種予防接種・人間ドック
所在地 〒252-0305 神奈川県相模原市南区豊町17-36
電話 042-742-0211
FAX 042-743-8332
駐車場 台数 60台
関連施設 介護老人保健施設 相模大野
訪問看護ステーション 相模大野

関連施設(仁恵会グループ)

ページTOP
ページTOPへ